小鳥庵

僕がつけた君の

きみにつけたふかい傷のこと

ずっとわすれないよ


きみからもらった、とてもうれしかったもの

ずっとわすれないよ


じぶんのためにしか

なみだを流せない僕の弱さが

消えて

なくなるまで



どうしてあのとき

もっと


どんなにおもってももう おそい

そんなことがぜったい、人生にはあるのだと


おしえてくれたきみの


僕がつけたふかい傷
[PR]



by hiromiwithk | 2006-06-16 21:57 | 詩 うた

うたえばいいさ                             とおくきこえる                             あまおとのように
by maruco.
プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2012年 02月
2011年 10月
2011年 09月
more...

**LINK**

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧