小鳥庵

波紋

ぼくのなみだはこころに溜まり
暗くちいさな湖に落ちる
静かに
小さな波紋だけを広げて

誰にも言わない
誰にも言えない


願わくば湖の底をゆらゆら歩く小さな亀の親子が
ふふふと笑ってぼくの波紋を見上げてくれるといい

太陽を求めて水面の近くを泳ぐ小さなさかなの背中を

ぼくの波紋が優しくなでてくれればいい


誰にも言わない
誰にも言えない

そしてきっと誰もが

それぞれの湖に静かになみだを落としている


その
小さな波紋
[PR]



by hiromiwithk | 2007-06-18 01:45 | 詩 うた

うたえばいいさ                             とおくきこえる                             あまおとのように
by maruco.
プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2012年 02月
2011年 10月
2011年 09月
more...

**LINK**

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧