小鳥庵

輝かしい未来を信じていた

土を蹴って
風を切って
白詰草を摘んで

ファインダー越しの笑顔で
空を見ていた


長い
長いアスファルトの道端で時々
誰にも分からないようにちいさないたみを思い出していた


夏休みの終わりの

照れくさい笑顔で

ファインダー越しに
空を見ていた


輝かしい未来を

信じさせていてほしい

ずっと

しわくちゃの笑顔になるまで
[PR]



by hiromiwithk | 2007-08-18 02:02 | 詩 うた

うたえばいいさ                             とおくきこえる                             あまおとのように
by maruco.
プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2012年 02月
2011年 10月
2011年 09月
more...

**LINK**

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧