小鳥庵

気付いたらなんにも残ってなかった

気付いたらなんにも残ってなかった


空っぽになった両手で

自分を抱き締めて泣いていた


空は晴れているのに
雲を透かすひかりは黄金色に美しいのに


太陽のひかりにさえ傷つけられている

みたいだった


*************


それでも生きよと

そのうえでなお

生きよと


空っぽになったわたしに聞こえたのは


ただ
そのひと声


生きよ

と。
[PR]



by hiromiwithk | 2011-01-25 00:28 | 詩 うた

うたえばいいさ                             とおくきこえる                             あまおとのように
by maruco.
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

**LINK**

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧